安田塾メッセージ№25     【「安田塾」ブログの開設】

                                   2011年4月1日 安田忠郎
 
 「安田塾」ブログを開設しました。 

 安田塾 は、2008年6月に発足しました。
a0200363_14243752.jpg
 同塾では、これまで学校教師をはじめとする多様な職種の方々が定期的(原則として3~4ヶ月ごとの土/日曜日)に会合し、広義の「文化」総体に関わる「教養」知をテーマ化した「学習・研究」活動を展開してきました。
 
 今回、安田塾の一層の発展・成長を期して、ブログを開設し、同塾メッセージを一般に公開するものです。
 会合(例会+懇親会)には、どなたでも自由に参加できます。ご参加いただき、お互いが隔意のない意見を交わし合うことができれば幸いです。
 
 安田塾の過去に開かれた会合(例会)は、次の通りです。                           

第1回安田塾>日時:2008年6月28日(土)午後6時~8時 「安田塾の発会」

第2回安田塾>日時:2009年6月27日(土)午後6時~9時 
   テーマ:「虚妄の大学改革―いわゆる文科系出身者が工学部長に就任して―」 
   講師:安田忠郎(やすだ・ただお、安田塾主宰)  

第3回安田塾>日時:2009年10月24日(土)午後6時~8時30分 
   テーマ:「一筋縄では行かない生徒たち―ニューヨーク・ブロンクスでの体験を通して―」 
   講師:原田淳(はらだ・じゅん、獨協中学・高等学校教諭)

第4回安田塾>日時:2010年1月30日(土)午後6時~8時30分
   テーマ:「脳科学を生かした授業を創る」  
   講師:荒川信行(あらかわ・のぶゆき、東京都品川区立三木小学校教諭)

第5回安田塾>日時:2010年4月24日(土)午後6時~8時30分 
   テーマ:「子どもの非行問題と警察や児童相談所との連携、生徒の処遇について」 
   講師:扇浩治(おうぎ・こうじ、東京都立六郷工科高等学校教諭)

第6回安田塾>日時:2010年7月24日(土)午後2時~4時30分 
   テーマ:「本能寺の変 427年目の真実―通説も新説も覆す『歴史捜査』―」   
   講師:明智憲三郎(あけち・けんざぶろう、第一情報システムズ常務取締役)

第7回安田塾>日時:2010年10月30日(土)午後6時~8時30分 
   テーマ:「公立学校の実態―中学教師から美術商へ―」 
   講師:伊藤仁(いとう・ひとし、アートディーラー) 

第8回安田塾>日時:2011年1月29日(土)午後2時~4時30分
   テーマ:「ネット時代の落とし穴―子どもたちをネットトラブルから守るには―」 
   講師:丹羽大恭(にわ・ひろやす、埼玉県熊谷市立大里中学校教頭)

 この第1回~第8回の開催に(直接・間接に)関わって、今まで、多数の各種メールが関係者に配信されました。安田塾の活動実態(発足~ブログ開設)を大方からご理解いただくために、それらを「安田塾メッセージ」№1~№24にまとめました。
 したがって、このブログ開設の報は、通し番号で安田塾メッセージ№25となる次第です。                  
by tadyas2011 | 2011-04-01 01:56 | 安田塾の理念 | Trackback | Comments(2)
トラックバックURL : https://yasudajuku.exblog.jp/tb/11980235
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by 塩谷 at 2011-04-06 12:04 x
大震災で浮き彫りになった日本、日本人の弱点。皆が、今まで、上司が、ということで声高らかに主張し、問題が生じるとやっぱり皆が、今まで、上司がと責任転嫁。安田先生、職場という集団では皆が、今まで、が絶対なんでしょうか。
Commented by tadyas2011 at 2011-04-11 00:09
「今まで、上司が…」などの発想をもっぱらとし、「今ここで、私が…」の現在・自己の視点が欠落した者の言動は、どこかウソがある、欺瞞的にして偽善的なものでしょう―。