<   2011年 04月 ( 3 )   > この月の画像一覧

                                   2011年4月10日 安田忠郎                              
                    第10回安田塾のご案内
 

 今回は、下記の要領で開催されます。
■ 例会
【日時】2011年4月23日(土)午後6時~8時30分
【講師】菊野暁(きくの・さとし、東京都市大学付属中学校・高等学校教諭)
【テーマ】「教員の考課査定を考える―学校法人・五島育英会の人事制度をめぐって―

【講師の宣言】 
「学校法人・五島育英会は2010年度に、高校以下の学校の教員に対し、考課査定を柱にした人事制度を導入しました。これは教員を3段階にランク分けし、賃金にも格差が生じる制度です。毎年の人事考課をもとに昇格・昇給が決まりますが、果たして公正・公平な評価がなされるのか、現場教員の不安は大きく、反発もしています。講演では、導入後1年の経験を踏まえ、制度の概要と学校現場での実状を紹介します。また労働組合の役員として団体交渉で感じた学校経営者から見た教師像なども織り交ぜて話を進めます。教員評価のあり方を考える手がかりになれればと思います。」

【講師略歴】
1981年 武蔵工大電気工学科入学
1983年 米国ルイジアナ州ノースウエスタン州立大学留学
1986年3月 武蔵工大卒業
1986年 日刊工業新聞社
1988年 埼玉県鷲宮町立鷲宮中学校 臨任
1989年 品川区立中学校 非常勤講師
1990年 武蔵工大付属中学校・高等学校 教諭
2006年 「東京都市大学付属中学校・高等学校」教職員労働組合 委員長

【安田のコメント】
 私は大学生時代の菊野さんを、明瞭に記憶しています。彼は次の2点に関して、当時の武蔵工大学生としては稀有な存在でした。
 ①彼が大学3年の1983年8月から84年2月まで、アメリカの地方都市の一大学に留学した点。
 日本では1970年代後半から海外に旅行・遊学する者が増加の一途をたどったとはいえ、当時はまだ「バブル景気」―通説では1986年12月から91年2月までの4年3か月間―の前夜であり、少なくとも武蔵工大では彼のように休学して留学に踏み切った者はそれまで絶無でした。
 ②彼が達意の文章を書くことができた点。
 私は約30年間、武蔵工大の教壇に立ちながら、学生に数多くの課題レポートの提出を義務づけました。そして、その都度痛感したのは、彼らの文章が総じて稚拙で、しかも理系の学生とは名ばかりで、論理性に乏しいことでした。私は彼らの多くに、日本語の文章の書き方を考えてもらうために、しばしば本多勝一『日本語の作文技術』を、時に谷崎潤一郎『文章読本』→川端康成『新文章読本』→三島由紀夫『文章読本』→丸谷才一 『文章読本』を勉強するよう指示したものです。しかし、菊野さんに対して、私はその種のアドバイスを何ら与えませんでした。彼の文章には優れた表現力が備わっていたからです。

【会場】「武蔵野商工会館」5階 第1会議室
【住所】東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-7
【tel】0422-22-3631(武蔵野商工会議所)
【アクセス】JR中央線&京王井の頭線「吉祥寺駅」 中央口・北口(駅前ロータリー) 徒歩5分
〔サンロードを約150メートル直進→最初の十字路(本町新道との交差点)で左折→本町新道を約150メートル直進・丁字路右側〕
【会費】1000円

 安田塾には、どなたでも自由に参加できます。 
 今回ご参加を希望される方は、4月21日(木)までに、下記にご一報ください。
 Eメール:tadyas2011@excite.co.jp 
                                   2011年4月6日 安田忠郎
                   第9回安田塾のご案内 
 

 今回(第9回)は急遽、物理学者・環境経済学者の槌田敦(つちだ・あつし)さんによる講演会がセッティングされました。
 なお、この緊急集会の開催に伴い、既報(安田塾メッセージ№23)の、安田塾の第9回、第10回、第11回は今後、それぞれ第10回、第11回、第12回に変更されます。

【テーマ】「いま、福島原発に何が起きているのか?」
【日時】2011年4月16日(土)午後2時~4時30分 (開場・午後1時30分)

【講師略歴】
1958年 東京大学大学院物理課程入学
1962年 東京大学理学部物理教室助手
1966年 理化学研究所研究員(94年定年退職)
1994年 名城大学経済学部教授(2006年定年退職) 

【講師著書】
『石油と原子力に未来はあるか』亜紀書房 1978
『石油文明の次は何か』農山漁村文化協会 1981
『資源物理学入門』NHKブックス 1982
『エントロピーとエコロジー』ダイヤモンド社 1986
『原発安楽死のすすめ 』学陽書房 1992
『熱学外論 生命・環境を含む開放系の熱理論』朝倉書店 1992
『エコロジー神話の功罪 サルとして感じ、人として歩め』ほたる出版 1998
『CO2温暖化説は間違っている』ほたる出版 2006(誰も言わない環境論)
『弱者のための「エントロピー経済学」入門』ほたる出版 2007(誰も言わない環境論)
『「地球生態学」で暮らそう』ほたる出版 2009 (誰も言わない環境論)

【安田のコメント】
 巨大地震発生時に懸念された原発の大事故がついに発生しました。
 東日本大震災に伴う原発事故から目が離せない日々が続いています。
 フクシマはひとたび暴走した巨大システムの怖さを見せつけています。
 私たちは事故がいつ収束するか予断を許さない深刻な事態に直面しています。 
 人間は果たして原子力エネルギーを制御できるのか。そもそも原発という技術を、未来にわたって使いつづけるのか否かについて主体的な是非を決するよう、私たちは端的に迫られています。  
a0200363_227347.jpg
 
 槌田敦さんは、環境問題を開放系熱力学により分析する「槌田エントロピー理論」を掲げて、長い間、反核・反原発・反核融合技術の立場を貫きつづけてきました。その人生は学者とは何か、学問とは何か、知的誠実さとは何かを示唆して余りあるものがあります。
 いま、私たちにできることは何か。何をなすべきか。何から始めるべきか。 
 何はともあれ、国策になびく御用学者・専門家・評論家のウサンクサイ無機質な言葉を遠ざけて、一人の良心的な学者の、表裏のないハートに響くお話に、じっくりと素直に耳を傾けることにしましょう―。

【会場】東京マスダ学院・多目的ホール
【住所】東京都江戸川区平井4-13-4
【tel】03-3684-2255
【アクセス】JR総武線「平井駅」南口・徒歩2分
【会費】1000円

 安田塾には、どなたでも自由に参加できます。 
 今回ご参加を希望される方は、4月15日(金)までに、下記にご一報ください。
 Eメール:tadyas2011@excite.co.jp 
                                   2011年4月1日 安田忠郎
 
 「安田塾」ブログを開設しました。 

 安田塾 は、2008年6月に発足しました。
a0200363_14243752.jpg
 同塾では、これまで学校教師をはじめとする多様な職種の方々が定期的(原則として3~4ヶ月ごとの土/日曜日)に会合し、広義の「文化」総体に関わる「教養」知をテーマ化した「学習・研究」活動を展開してきました。
 
 今回、安田塾の一層の発展・成長を期して、ブログを開設し、同塾メッセージを一般に公開するものです。
 会合(例会+懇親会)には、どなたでも自由に参加できます。ご参加いただき、お互いが隔意のない意見を交わし合うことができれば幸いです。
 
 安田塾の過去に開かれた会合(例会)は、次の通りです。                           

第1回安田塾>日時:2008年6月28日(土)午後6時~8時 「安田塾の発会」

第2回安田塾>日時:2009年6月27日(土)午後6時~9時 
   テーマ:「虚妄の大学改革―いわゆる文科系出身者が工学部長に就任して―」 
   講師:安田忠郎(やすだ・ただお、安田塾主宰)  

第3回安田塾>日時:2009年10月24日(土)午後6時~8時30分 
   テーマ:「一筋縄では行かない生徒たち―ニューヨーク・ブロンクスでの体験を通して―」 
   講師:原田淳(はらだ・じゅん、獨協中学・高等学校教諭)

第4回安田塾>日時:2010年1月30日(土)午後6時~8時30分
   テーマ:「脳科学を生かした授業を創る」  
   講師:荒川信行(あらかわ・のぶゆき、東京都品川区立三木小学校教諭)

第5回安田塾>日時:2010年4月24日(土)午後6時~8時30分 
   テーマ:「子どもの非行問題と警察や児童相談所との連携、生徒の処遇について」 
   講師:扇浩治(おうぎ・こうじ、東京都立六郷工科高等学校教諭)

第6回安田塾>日時:2010年7月24日(土)午後2時~4時30分 
   テーマ:「本能寺の変 427年目の真実―通説も新説も覆す『歴史捜査』―」   
   講師:明智憲三郎(あけち・けんざぶろう、第一情報システムズ常務取締役)

第7回安田塾>日時:2010年10月30日(土)午後6時~8時30分 
   テーマ:「公立学校の実態―中学教師から美術商へ―」 
   講師:伊藤仁(いとう・ひとし、アートディーラー) 

第8回安田塾>日時:2011年1月29日(土)午後2時~4時30分
   テーマ:「ネット時代の落とし穴―子どもたちをネットトラブルから守るには―」 
   講師:丹羽大恭(にわ・ひろやす、埼玉県熊谷市立大里中学校教頭)

 この第1回~第8回の開催に(直接・間接に)関わって、今まで、多数の各種メールが関係者に配信されました。安田塾の活動実態(発足~ブログ開設)を大方からご理解いただくために、それらを「安田塾メッセージ」№1~№24にまとめました。
 したがって、このブログ開設の報は、通し番号で安田塾メッセージ№25となる次第です。