安田塾メッセージ№65     【第28回安田塾】

                                  2016年10月4日 安田忠郎
                  第28回安田塾のご案内

 下記の要領で開催されます。

【日時】10月30日(日)午後3時~5時
【講師】菅 直人(かん・なおと)

【テーマ】「原発再稼働で、この国は大丈夫か浜岡原発の停止から再生可能エネルギーの促進まで

★今回は元内閣総理大臣・菅直人を講師に招いて、「原発」問題に取り組みます。

安田塾(「教育・社会」問題研究会)では、これまで5回《第9回(2011年4月16日)・第14回・第16回・第20回・第24回(2015年2月7日)》にわたって、「原発」問題を取り上げてきました。
福島原発事故が勃発して既に5年が経ち、いま私たち日本人一人ひとりは、「原発」問題に対して、どう自覚的に立ち向かっているのでしょうか…。

菅さんは首相在任時(2010年6月8日~2011年9月2日)に、≪東日本大震災→福島第一原発事故≫による「東日本壊滅の危機」に直面し、生々しい苦闘を強いられました。
今回の安田塾では、その彼がこの国の「原発」問題の所在を突きとめつつ、諸国のエネルギー事情に徴した、この国の未来への展望を語ります。

【講師略歴】
1946年、山口県宇部市生まれ。
都立小山台高校卒、東京工業大学理学部応用物理学科卒。
1980年6月、衆参ダブル選挙で東京7区から立候補、4回目の挑戦で初当選。
1996年1月、厚生大臣就任、薬害エイズ問題を徹底究明し被害者に謝罪。
2009年、衆議院選挙10期目当選、政権交代を実現。
2011年3月11日 東日本大震災、東京電力福島第一原発事故が発生→第94代首相として地震災害ならびに原子力災害対策の陣頭指揮に当たる。
同年5月6日、中部電力浜岡原発に対して「(迫りくる東海地震への)安全確保がなされるまで原子炉運転を停止するよう」に要請
2016年4月30日、福島原発事故後に日本の脱原発を訴え、再生可能エネルギーの促進に努めたと評価され、ドイツのフランクフルト市から「脱原発勇敢賞」を受賞。

022.gif 福島第一原子力発電所
a0200363_15102319.jpg
002.gif 福島原発1、3号機爆発映像


039.gif「浜岡原発」停止要請―2011年5月7日付の東京新聞及び静岡新聞
a0200363_1637754.jpg
【会場】武蔵野商工会館4F市民会議室
【住所】東京都武蔵野市吉祥寺本町1-10-7
Tel:0422-22-3631(武蔵野商工会議所)
【アクセス】JR中央線&京王井の頭線「吉祥寺駅」北口(駅前ロータリー)・徒歩5分(サンロードを約150メートル直進→本町新道との交差点で左折→本町新道を約150メートル直進・右側)
http://www.musashino-cci.or.jp/about/map/

【参加費】一般1000円 大学生500円 高校生以下無料 

  024.gif安田塾には、どなたでも自由に参加できます。
     今回ご参加を希望される方は、10月23日(日)までに、下記にご一報ください。
     055.giftadyas2011@excite.co.jp 
by tadyas2011 | 2016-10-04 14:49 | 安田塾の案内 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : http://yasudajuku.exblog.jp/tb/23262434
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。